イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

2005.12.14
勝沼ICを降り20号線を甲府方面へ。20数分で今日の目的である(株)印伝屋上原勇七へ。
新製品の紹介と感謝祭があるので(我が家に招待状が届いている)期間中に行かねばと思いつつ、
今日やっと実現。
30数年前に甲州の人より印伝の小物を頂き以来、使いやすいので自分はもとより、お祝い事やお返し等に使わせて貰っている。
印伝とは、なめした鹿の革に柄付けを施した革工芸品のことで、古くは奈良時代の 文箱にも見られるが、その名の由来は、十六世紀ごろ渡来した紅毛人が見事な品を幕府に 献上したところ大いに珍重され、印度伝来というところからそう呼ばれるようになったもよう 。
ちなみに私はボストン、カバン、書類入れ、財布、名刺入れ、女房はバック中心に愛用。
女房は友人まで連れて行く気の入れようで私が何時も運転手。
今日は私のカバンと女房のバックを買って・・・・・抽選したが残念!3等でした。
ここまで来たので何時ものように武田神社と甲州善光寺により帰路へ。