イメージ 1

岡本自然農園 ヘメロカリス園

2006.06.29
所在地:埼玉県小川町青山1280
ヘメロカリスはユリ科の多年草。高原に咲くニッコウキスゲ、田んぼの畦のノカンゾウやヤブカンゾウと同じ仲間。品種改良を重ね、現在では、野生種からは想像もつかないような、すばらしく美しい花に生まれ変わりました。
ギリシャ語で「一日の美」。アメリカでは「デイリリー」の名を意味するようです。
クリックすると拡大表示 クリックすると拡大表示 クリックすると拡大表示

クリックすると拡大表示 クリックすると拡大表示 クリックすると拡大表示

クリックすると拡大表示 クリックすると拡大表示 クリックすると拡大表示

クリックすると拡大表示 クリックすると拡大表示 クリックすると拡大表示

ここの岡本さんはへメロカリスの育種を始めて20年。数多くのオリジナル品種を生み出し、600を超える品種の花が咲くへメロカリス園を開園しています。花は、1日で枯れる一日花ですが10~20個のつぼみが順を追って次々と咲き、花の少ない梅雨時の庭を明るくしてくれます。多くの品種は6月中旬~7月中旬にかけて花を咲かせます。今日はNHKで放送があった為でしょうか、花好きの人々が次々と訪れていました。株をそのまま分けてくれて1000円から3000円位で売っておりました。