スイス旅行 五日目(マッターホルン、no.1)


朝は4時に目が覚めました。と言うより毎日2~3時間おきに眼が覚め熟睡が出来ておりません。
仕方なくテレビ観戦です。天気予報を見て今日は良い天気と判り喜んでおりました。
少しずつ明るくなりホテルの部屋からマッターホルンの朝焼けが眼に入って来ました。

急いで昨日見たビューポイントへ。
橋の上にはもう200人位のカメラマンで一杯です。なんと驚くなかれ殆ど日本人です。
私と同じ考えの人がこんなに居ようとは・・・・・上手く朝焼けの写真が撮れました。

イメージ 1 イメージ 2

上の写真はホテルの部屋からとにわかカメラマンたちです。

イメージ 3

上の朝焼けの写真は同行の W さんが一分おきに撮った内の気に入った一枚です。


イメージ 4
標高1620メートルに位置するツェルマットは、
マッターホルン観光の拠点として有名な村です。
アルプスの環境に配慮して、ガソリン車の乗り入
れを禁止しているため、有名観光地でありながら
静かで美しい佇まいが保たれています。

山岳列車で終点のゴルナーグラード駅まで。車窓からマッターホルンの勇姿を見ながらあっという間の約40分間でした。又車窓からはマーモット(体調40cm位のリス科の山ねずみ)やその巣穴も見ることが出来ました。
(快晴で雲一つありません)

イメージ 5


終点のゴルナーグラート駅(標高3089m)まで一気にあがれば、4000メートル級の山々が連なるスイスアルプスが眼前に広がっています。ゴルナーグラート駅から7~8分で展望台です。
セントバーナード犬との記念写真を撮りました。

イメージ 6


ゴルナーグラート展望台からの眺望です。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


下の文字をクリック。動画を見ることが出来ます

ここをクリックして下さい
(画面が黒くて見えないときには四角をクリックしてから再生の三角をクリックして下さい)

イメージ 10


存分に楽しんだ後、ローテンボーデン駅まで高山鉄道で下り、目指すリッフェルゼーはもうすぐ。逆さマッターホルンの美しさで有名な山上湖リッフェルゼーの周辺では誰もが足をとめ、感動し、しばし動かずに・・・・。
~~見えたぞー早く湖の側へ~~
イメージ 11