イメージ 1

開山は江戸時代の寛永二年(一六二五)に没した勝恵法印といわれているが、創建年代は明らかでない。また延宝七年(一六七九)に没した頼永法印が中興開山したとも伝えられている。当寺は裏山にある鳥栖観音堂の別当寺であった。この観音堂の安置仏は行基作の千手観音である。 萩寺として知られており、この季節には白萩、紫、桃色等約3000株弱の萩が清楚な花をつけ、来る人の眼を楽しませてくれます

イメージ 2

2006.09.12 今日は雨の為に 訪れる人も少なめ でしたが、萩の花は 間もなく満開で これから尋ねてみるのには 丁度ではないでしょうか。 少ない人のためかどうか 本日は特別に 「不動明王」 「阿弥陀如来」 「釈迦如来」 の像を 拝見させて 頂きました。 この像は先代の 住職さんが十年の 歳月をかけ作り 上げたそうです。 下の写真は 当寺に咲いていた 花をアップにして みました。
イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6