小布施「岩松院」

イメージ 1

2008.03.31
所在地:長野県上高井郡小布施町雁田
昨夜は戸倉上山田温泉に泊まり今日は小布施を散策です
昨夜からのみぞれで今朝は非常に寒く冬に逆戻りのようです
小布施といったら小京都と言われ、葛飾北斎で有名な「岩松院」があります
21畳敷本堂の天井いっぱいに描かれた極彩色の「八方睨み鳳凰図」は、
葛飾北斎晩年の大作です
孔雀石、鶏冠石など高価な鉱石をふんだんに使った絵の具で描かれた鳳凰図は
160余年の年月がたったとは思えないほど鮮やかです

イメージ 2

本堂裏手には蛙合戦の池があり
桜の咲くころには約100匹のヒキガエルがメスを奪い合って
押し合いへし合いする
1816年(文化13)、この寺を訪れた小林一茶もこの蛙合戦を見て
「やせ蛙まけるな一茶これにあり」の句を詠んだといわれています

イメージ 3

岩松院を見てから小布施の小京都の街並みを散策

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7