新宿御苑散歩

新宿御苑は、徳川家康の家臣・内藤氏の江戸屋敷の一部がそのルーツといわれています。

明治に入り、農事試験場を経て、明治30年(1906)に皇室の庭園となり、

戦後昭和24年(1949)に国民公園として一般に公開されました。

広さ58.3ヘクタール(約18万坪)、周囲3.5kmの園内には、イギリス風景式庭園、

フランス式整形庭園、日本庭園をたくみに組み合わせられています。

日本における近代西洋庭園の名園といわれています。

2009.04.18

何十年ぶりでしょうか

新宿御苑を春の一日をのんびりと散歩して来ました

麻生太郎首相が主催する「桜を見る会」が開かれておりまして

一般客は10時半の入場になります

新宿門を入ります

イメージ 1


日本庭園に着きました

八重桜とツツジが満開で・・・池に映り素敵な景観です

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7



水辺の涼を楽しむ歴史建造物「旧御涼亭」

イメージ 8



中央休憩所で休んだ後に御苑のほぼ中央に位置する八重桜ゾーンです

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13



「桜を見る会」はここで行われました

イメージ 19


イメージ 20



イギリス風景式庭園よりNTTドコモ代々木ビルが見えます

イメージ 14



大きな楠木です

イメージ 15



大きな八重桜です

イメージ 16



フランス式整形庭園

イメージ 17



新宿門を入りフランス式整形庭園迄でUターン・・・再び新宿門に向かいました
今度はモード学園ビルが見えました

イメージ 18

都心にこの様な公園が・・・・歴史の重みを感じました