トロッコと森林浴を満喫して今度は天竜川舟下りに向かいます

天竜川舟下り

イメージ 1

弁天港から時又港までの約30分の乗船です

「天竜下ればしぶきにぬれる」とうたわれる豪快な舟下り。峡谷にこだまする櫓音(ろおと)と
水しぶきの爽快な舟下りは感動もの鵞流峡の峡谷美。
飛びちるしぶきの醍醐味と手こぎ舟の情緒をお楽しみください。

出航して間もなく鳶が沢山寄ってきました

イメージ 2

イメージ 3

南原橋にさしかかってきました・・・・絶好のロケーションです

イメージ 4

アッと言う間の30分です。青鷺も見られて・・・・
・ズームにしているうちに過ぎてしまって、残念ながら撮れませんでした
動画も水しぶきにカメラが濡れてしまうのでその激流の様子が撮れず
このような写真で・・・

イメージ 5

舟下りが終わり「水引工芸館 せきじま」に向かいます

日本伝統水引工芸雪水流家元関島登の作品をおはじめ、華麗で優美な水引美術品の数々が
展示されています

イメージ 6

白蛇が5円玉を加えて・・・ギャンブルに良いと言う事で購入
300円でしたから実質295円か?

イメージ 7


ご利益の程は如何か?・・・・明日の競馬は当たるか?


全行程が終了し5時半現地発~立川着8時半・・・・永く楽しい一日でした

イメージ 8