イメージ 1


鳴沢氷穴は青木ヶ原樹海の東の入口に位置し、年間を通して観光客がたえず富士五湖観光のひとつに
数えられています。今から1130年以上前の貞観6年(864)富士山の側火山長尾山の噴火の際、
古い寄生火山の間を灼熱に焼けた溶岩流(青木ヶ原丸尾)が流れ下ってできたのが、この二つの
トンネル式になった洞窟です。
昭和4年に文部省の天然記念物の指定を受けてから世界に紹介され、地質学上、貴重な存在と
なっています。ちなみに 鳴沢村の樹型溶岩群はスパイラクルの数では世界有数といわれています。

2009.08.24

朝夕は大変凌ぎやすくなってきましたが
涼を求めて「鳴沢氷穴」に行って来ました

イメージ 2

イメージ 3

鳴沢地方は都内とは違ってただ今の気温が20度です
氷穴の中は0度との事・・・・早速入ってみました

イメージ 4

中は階段あり、あるいは頭がつかえるために屈んで歩かなければなりません
足元は氷が溶けてきた水で大変滑ります

イメージ 5

それでも奥へ奥へ・・・・氷です・・・納得して上がってきました

イメージ 6

流石に中は寒く鳥肌が立ちました・・・・上がって来て暖かいのに感謝(笑)