イメージ 2
 2010.09.28
「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉があるように、やっと暑さが和らいで来ました。
 
彼岸の頃に咲く彼岸花、曼珠沙華とも呼ばれ、独特の形をした真っ赤な花が咲くことでも
 
知られていますが今年は10日ぐらいの遅れでしょうか?やっと満開近くになったようです。
 
毎日開花情報をネットで見て・・・埼玉県日高市にある彼岸花(曼珠沙華)の名所、
 
巾着田(きんちゃくだ)に行って来ました。
 
 
 
下の画像を拡大でぜひどうぞ
 
イメージ 3
 
 
埼玉県日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。
(日和田山から眺めると、巾着のように見えるので、古くからの俗称としてこの名が付けられました) 直径約500メートル、面積約22ヘクタールの川に囲まれた平地には、菜の花、コスモスなどの花々が咲き、中でも秋の曼珠沙華(まんじゅしゃげ)群生地は辺り一面が真紅に染まり、まるで赤い絨毯(じゅうたん)を敷き詰めたようです。毎年多くの人がその美しさに惹かれて訪れます。 
(インターネットより)
 
イメージ 7
 
 
 
パソコン仲間との約束の日でしたので・・・多少の雨でもと・・・
 
入場料200円を払って・・・
 
そんなに降らずに、でも傘を差さないと濡れる程度、最後のころには上がって
 
赤い絨毯を敷き詰めたような「妖美な世界」に満足。
 
 
 
下の画像を拡大でぜひどうぞ
 
イメージ 8
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
今までになかったと思いますが、今年はこの様なオブジェ?もありました。
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
 
イメージ 9
 
 
 
仲間の皆さんとの思い出のショット。
 
雨も止みマイナスイオンの空気を沢山吸いながら・・・最高の気分です。
 
イメージ 6
 
 
イメージ 12