イメージ 1
 
 (だいげんたこ)
 
2010.11.02
 
天気予報は6時~9時が雨、12時が曇り15時に雨で・・・・
 
でも都内の旅仲間とのバスツアーで日にちが決まっていますので致し方ありません。
 
関越トンネルを入る前は当然良い天気で晴れています。でも抜けたら曇りか雨かな?
 
所が晴れています。 皆さんが拍手でした。天気予報とは違って
 
やった~~でした。
 
そんな訳で大源太湖に着いた時には晴れていて曇る様子はありません。
 
最高の散策日和です。
 
大源太湖・・・湯沢I.Cより車で約15分です。
 
 
イメージ 2
 
 
大源太山(L=1598)の北側山麓に広がる湖付近の景勝地一帯を大源太キャニオンと呼んでおり、周辺には、キャンプやフィッシング、ボート遊びなどのレジャー施設をはじめ、
高原の風に当たりながら、ゴルフやテニスなどで汗を流すこともできます。
また、大源太湖から流れ落ちる大源太川は途中48 滝の渓谷をなし、周辺には陶芸工房や
そば打ち体験などが出来る施設(体験工房大源太)もございます。
 
大源太キャニオンという名前の由来は、太平洋戦争後(昭和20 年)に進駐したアメリカ軍
が急な斜面に山容の大源太山を「東洋のマッターホルン」と称し、湖を合わせた景観がア
メリカのグランドキャニオンを思わせるので、現在に至ってもあたり一帯を大源太キャニ
オンと呼んでおります。
昭和52 年には希望大橋というつり橋がかかり、湖を周遊できるようになっています(1周・40 分)
湖の奥には大源太山の雄大な姿を望むことができ、湖面に映る様子は絵画のようです。秋には紅葉の名所として多くの観光客が訪れます。
大源太湖を一周する散策コースは希望大橋から見る豪快な四十八滝やキャンプ場を抜けた奥の堰堤までの散策などのんびりと散歩できます   インターネットより
 
 
 
希望大橋の下にはニジマスでしょうか?沢山泳いでいました。
 
餌を投げれば直ぐに釣れそうです。

 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
 
今度は48滝の一部を・・・この場所が一番紅葉していました。
 
イメージ 5
 
 
 
 
大源太湖を二枚つなぎ合わせてワイドにしてみました(クリックで拡大)
 
 
イメージ 6
 
 
紅葉をバックに記念撮影です(画像遊び)
 
イメージ 7
 
 
初めての大源太湖一周を40分かけてのゆったりした散策でした。・・・・満足。