2012.04.22
 
あきる野市の「龍珠院」を見ての帰り、同じあきる野市にある「光厳寺」により東京都の記念物である山桜を鑑賞。

 
 
イメージ 1
 
戸倉城跡の麓にたたずむ光厳寺。山門を入ると推定樹齢400年といわれる山桜が出迎えてくれる。大島の桜株、三宅島の大桜とともに東京都内三大巨樹の1本に数えられ、東京都の特別天然記念物にも指定されている。幹周り5mをゆうに超え、樹高約17m、枝張りは東西25m、南北18mにも及び、山の斜面に幹を這わせるような見事な枝振りを見せる。染井吉野よりさらに淡い桃色の花をつけることから「白山桜」とも呼ばれ、例年、都心より2週間ほど遅い4月中旬に見頃を迎える。 
                                                                                                         インターネットより
 
  イメージ 2     イメージ 3 
 
 
 
雨の降らないうちに今度は八王子の「今熊神社」のミツバツツジを・・・
 
イメージ 4
 
 
 
今熊神社 -ミツバツツジで有名な八王子の神社-
東京都八王子市とあきる野市の境に今熊神社(いまくまじんじゃ)という小さな神社がある。
今熊神社はあまり知られていないが、ミツバツツジが見ごろになる4〜5月になると、駐車場はすぐに満車になるほどの人が訪れる。
ミツバツツジは紅紫の花を咲かせ、枝先に三枚の葉がついていることからこの名がついた。今熊神社の遥拝殿のそばには植栽されたミツバツツジが植栽されており、きれいな花で目を楽しませてくれる。                                                                                                 インターネットより
 
 
イメージ 5
 
午前中の内に三か所も回り忙しい花見物でした。