2013.08.30
 
今日も朝から猛烈な暑さです。23日前の涼しさはどうなったのでしょうか?
暑さがぶり返して大変です。
そんな中、昨日埼玉県のときがわ町のシュウカイドウを見に行って来ました。
 
イメージ 1
 
 
ときがわ町(ときがわまち)は、埼玉県中部にある人口約1万3千人の町である。
2006年(平成18年)2月1日に比企郡玉川村と比企郡都幾川村が合併して成立した。
町名の由来は、両村内を流れる都幾川から因むが、漢字では難読なため、他から来た人からもわかるようにひらがなにした。             インターネットより
 
 
情報では5分咲きとの事でしたが・・・一部分だけは満開なのですが全体的にはまだまだと言う感じでした。
 
 
イメージ 2
 
 
東武東上線「武蔵嵐山駅」「小川町駅」、東武越生線「越生駅」の各駅から路線バスで1時間(途中せせらぎバスセンターで乗換)。ときがわ町椚平地内の山影に、8月下旬ころになると、秋の訪れを告げる”秋海棠(しゅうかいどう)”の花が2~3cmの淡紅色の花を咲かせ、訪れる多くの人々を楽しませます。 
 
「秋海棠 西瓜の色に 咲きにけり」
芭蕉の句にも歌われた秋を告げる花「シュウカイドウ」が
淡紅色の花を咲かせます。                インターネットより
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 3 イメージ 4
 
 
近くの岩場の苔むした所に「イワタバコ」が咲いていました。
 
イメージ 5