イメージ 1
 
2014.05.18
 
Italian Bar(イタリアンバール)での朝食も経験したくて・・・
 
イメージ 2 イメージ 3
 
 
今日一日のローマ観光でイタリアの旅も終わりです。
 
最初にフォロロマーノ見学です。
 
フォロ・ロマーノ(伊:Foro Romano)は、ローマにある古代ローマ時代の遺跡。観光地として有名である。フォロ・ロマーノは、ラテン語の古名フォルム・ロマヌム(Forum Romanum)のイタリア語読みである。
紀元前6世紀頃からローマ帝国がテトラルキアを採用する293年にかけて、国家の政治・経済の中心地であったが、ローマ帝国が東西に分裂し、首都機能がラヴェンナに移されると異民族の略奪に曝されるようになり、西ローマ帝国滅亡後は打ち捨てられ、土砂の下に埋もれてしまった。
フォロ・ロマーノの発掘は、19世紀から本格的に行われるようになったが、帝政時代初期までに開発が繰り返されており、遺構も様々な時代のものが混在しているので、発掘調査は難しい。現在の遺跡は、大部分が帝政時代以降のものである。    インターネットより
 
イメージ 4
 
イメージ 5 イメージ 6
 
 
 
次に向かったのはコロッセオです。
 
コロッセウム(ラテン語:Colosseum, イタリア語:Colosseo コロッセオ)は、ローマ帝政期に造られた円形闘技場。英語で競技場を指す colosseum や、コロシアムの語源ともなっている。現在ではローマを代表する観光地である。   インターネットより
 
イメージ 7
 
                          イメージ 8
 
 
 
この辺でランチにでもしましょうか?
 
イメージ 9 イメージ 10
 
 
スペイン広場に向かいました。
 
スペイン広場/スパーニャ広場(スペインひろば/スパーニャひろば、イタリア語:Piazza di Spagna〔ピアッツァ・ディ・スパーニャ〕)は、イタリア・ローマ市の都心部にある広場。「スパーニャ」とは「スペイン(エスパーニャ)」のイタリア語呼称で、間近にあるスペイン大使館にちなんで命名された。広場の中央には、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作「バルカッチャの噴水」がある。東には後述の大階段がある。西側はコルソ通りに向けてコンドッティ通りがある。              インターネットより
 
イメージ 11
 
                           イメージ 12
 
 
 
これ又人気のトレビの泉です・・・後ろを向いて硬貨を・・・もう一度訪れる事が出来るって本当でしょうか?・・・沢山の人です。
 
トレヴィの泉(トレヴィのいずみ、英:Trevi Fountain、伊:Fontana di Trevi)は、ローマにある最も巨大なバロック時代の人工の泉(噴水)である。ローマでも有数の観光名所として賑わっている。トレビの泉、トレドの泉とも呼称される。
ポーリ宮殿の壁と一体となったデザインで、中央に水を司るネプトゥーヌス(ポセイドーン)が立ち、左に豊饒の女神ケレース(デーメーテール)、右に健康の女神サルース(ヒュギエイア)が配置されている。これら池全体の造作はニコラ・サルヴィ (Nicola Salvi) の原案でピエトロ・ブラッチ (Pietro Bracci) が制作した。     インターネットより
 
イメージ 13
 
イメージ 14 イメージ 15
 
 
 
 
ナヴォーナ広場です・・・四大河の噴水です。
 
ナヴォーナ広場(Piazza Navona)は、イタリア・ローマにある広場。紀元1世紀、ドミティアヌス帝が造らせた競技場が元になっている。すぐそばには、ローマで一番有名な朝市が開かれるカンポ・デイ・フィオーリがある。
四大河の噴水(Fontana dei Quattro Fiumi)
広場中央には、4つの大河(ナイル川、ガンジス川、ドナウ川、ラプラタ川)を擬人化した彫像の噴水型のオベリスク・Fontana dei Quattro Fiumiがある。これらの彫像は、バロック時代ジャン・ロレンツォ・ベルニーニによって造られたものである。インターネットより
 
イメージ 16 イメージ 17
 
 
 
最後の観光のバチカン市国に向かいます。 
 
バチカン市国(バチカンしこく、英: Vatican City、仏: Cité du Vatican)は、ユネスコの世界遺産のひとつ。イタリア・ローマにある世界最小の国家バチカンの国土全域が世界遺産として登録されている。            インターネットより
  
 
 
イメージ 25
イメージ 18
                          イメージ 19
 
 
残すは買い物だけです。
お土産品店でなく・・・街の人達が買われる店に入り・・・色々と・・
 
イメージ 20 イメージ 21 イメージ 22
 
 
最後にホテル屋上のテラスでお疲れ様会をやりました。
お蔭さまで、無事に家族全員でイタリア旅行を楽しむ事が出来ました。
明日日本に向けて出発します。  との知らせがラインに入って来ました。
 
 
 
2014.05.19
 
羽田の直行便ではなく・・・ローマ空港からイギリスのヒースロー空港まで飛びます。
 
ローマ空港での様子です。
 
イメージ 23
 
 
イギリスのヒースロー空港の・・この飛行機で羽田まで帰ります。
 
イメージ 24
 
 羽田空港に20日の朝730分に着く予定です。
イタリア旅行便りを見て頂きありがとうございました。・・・これにて終わりです。