イメージ 1

2016.01.28

昨日は非常に暖かく過ごしやすかったですね~~
熱海桜が満開との事・・・見に行ってきました。

立川を9時に出発・・・最初の休憩は小田原東のパーキング、圏央道が東名道まで通じた為に時間が短縮され1015分です。富士山がとてもきれいに見えます。
ここで最初の記念撮影です。

イメージ 2


熱海に11時に到着です。早速、糸川沿いの熱海桜を見物です。

イメージ 3


「あたみ桜」は毎年1月上旬~2月に咲くインド原産の寒桜の一種で、明治4年頃イタリア人によってレモン・ナツメヤシとともに熱海にもたらされ、その後先人たちの努力により増殖が行われました。市内の多くの場所に植栽され、下田の御用邸(昭和47年)や伊勢神宮(昭和48年)、 東宮御所(昭和51年)に献上されたことにより、広く知られるところとなりました。

昭和40年に開かれた「花いっぱい運動」で「あたみ桜」と命名され、 昭和52年4月10日(市制40周年記念)に熱海市の木に指定。

同じ枝に、早期に咲く花芽と後期に咲く花芽が二段構えにできることから、例年一ヶ月以上花が楽しめます。

花粉形態分析等により、台湾・沖縄産の「カンヒザクラ」と日本の暖地に自然分布する「ヤマザクラ」が親であることが推定されました。     インターネットより


昨日は平日の為でしょうか?見物客もあまり多くなく、メジロまでが少ないですね~
ゆっくり写真をパチパチ・・・

イメージ 4

                 イメージ 5

                                   イメージ 6

イメージ 7

                 イメージ 8

                                     イメージ 9

イメージ 10


おどろいたことにブーゲンビリアが咲いていました。
熱海桜とブーゲンビリアのコラボをどうぞ。

イメージ 11

              イメージ 12


橋にはこのような看板があり、昼食どころがずらりと・・・

イメージ 13


喜八」に決めて・・・刺身丼定食を頂きましたが、マグロとイカの煮物の小鉢も付き、茶わん蒸しも付き・・・おまけにあら煮ととろろが出て来て・・・1300円は安かったですね~~

イメージ 14


イメージ 15

~~満足・・・桜も見て、おなかも一杯・・・次に梅園に向かいます。