イメージ 1

2016.05.27

宿の部屋から六角堂が見えます。
20113月の地震津波で流されたものを再現してあります。

イメージ 16


明治38年に岡倉天心が自ら設計したもので、「観瀾亭」ともいわれ、杜甫の草堂、仏堂、茶室を兼ね備え、朱塗りの外壁と屋根に宝珠を装った六角形の建物です。五浦海岸の茨城大学五浦美術文化研究所内にあり、天心が読書と思索にふけった場所といわれています。緑の松林を背後に、前には太平洋の白波が砕け散るその雄大な姿は、訪れる人々に感銘を与えています。                インターネットより



昨日は水戸植物園でしたが次の日は茨城県植物園です。

宿をゆっくり10時前に出て・・・常磐道、那珂インターで降り・・・
1050分に到着です。

イメージ 2

           イメージ 3




植物の知識が学べる憩いの場として昭和56年に開園。約600種、約5万本の植物が、四季折々に訪れる人たちの目を楽しませてくれます。噴水のある小さな沈床園、回遊式庭園の岩石園、色々な動物をかたどった植物造形園、たくさんの種類を集めたカエデ園、バラ園、ツバキ園などのほか、気軽に休める広々とした芝生広場も人気となっています。  インターネットより




話をしながら・・・薔薇をバックに記念写真を撮り・・・
綺麗な薔薇を見て下さい。

イメージ 4

イメージ 5   イメージ 6

    イメージ 7      イメージ 8


 イメージ 9  イメージ 10


白のヤマボウシとピンクのヤマボウシです。

 イメージ 11  イメージ 12



水戸駅ビルでランチ・・

イメージ 13

                                      イメージ 14


再会を約して解散・・・田植が済んだところも・・・少しうとうと・・・帰路に就く・

イメージ 15