2021.11.26

cats

青森県十和田湖から引き揚げられた一式双発高等練習機を一般公開 

株式会社立飛ホールディングス(本社:東京都立川市、代表取締役社長:村山 正道)は、令和31125日(木)から4日間、一式双発高等練習機を一般公開いたします。

 一般公開の趣旨

平成249月に青森県の十和田湖に沈んでいた「一式双発高等練習機」が69年ぶりに引き揚げられました。同機は、弊社の前身である立川飛行機株式会社が製作したもので、日本国内において現存する唯一の機体として青森県三沢航空科学館に展示されていました。視察の際、機体に残る「立川飛行機株式会社」の銘板を目にし、同機の雄姿やかつて立川飛行場及び立川飛行機を中心として、科学技術の最先端を誇っていた街の歴史を伝えることが弊社の使命であると感じ、令和211月に同機を譲受いたしました。当時の技術が残る飛行機を通じて、地域のみなさまにも歴史の一端に触れていただければ幸いに存じます。

 

2
2-3
3
5
4

前期のように・・・・立飛に返ってきたのを展示しているのがあるのを知って・・・・見て来ました。

我が家から歩いて123分の所ですので・・・・

最初に受付です。

6

中に入りますとお茶と水をどうぞと・・・

7

入場制限をしていまして・・・・待っている間に十和田湖から引き揚げた映像を流しています。

一回りする頃に中に入ることが出来ます・

8

最初に模型がおいてあり・・・・各部品も展示されて・・・

9

外観と内部・運転席です。

10
12
13
11

エンジンにはネームプレートが刻まれて・・・・

14
IMG_5046

帰りにはお土産のバック迄いただいて・・・

16

この様に80年前に日本の飛行機の技術が・・・・でも戦争に負けてしまった。

この日は泣きませんでしたが・・・・知覧を思い出しました。