イメージ 1
 
2011.06.16
 
今日は千手ケ浜のクリンソウを見に行きます。
 
昨日訪れた龍頭の滝の少し上まで走り、
赤沼のバスストップの駐車場に車を置きます。
 
ここからは低公害車のシャトルバスに乗り換えです。
 
 
平日(9時)だと言うのにもう大分人が並んでいます。
 
バスに乗り千手ケ浜に向います。
 
 
イメージ 2
 
 
途中の小田代ケ原です。
 
イメージ 3
 
小田代ガ原の広さは戦場ガ原の約4分の1。湯川の西側に広がる周囲2キロの草原で、ミズナラの林に囲まれている。
 草原には、ウマノアシガタ(6~7月)、ホザキシモツケ(7~8月)、ニッコウアザミ(7~8月)の群落があり、初夏から夏にかけて花を見られる。
 小田代ガ原は秋も味わい深い。特に、ミズナラの黄葉や、草原の草紅葉は絶品である。そして話題沸騰なのが、「小田代ガ原の貴婦人」と呼ばれる1本のシラカンバの木。シャッターチャンスを狙う人々で後が絶えない。
 小田代ガ原へは、赤沼か竜頭ノ滝バス停から20分かけてしゃくなげ橋まで歩き、往復6キロのハイキングコースに入る。4月末~11月はハイブリッドバス(赤沼~千手ガ浜間)が、しゃくなげ橋、小田代ガ原を経由する。 インターネットより
 
 
 
千手ケ浜に着きました。
 
曇っていて男体山が上まで見えません
 
イメージ 4
 
 
中禅寺湖を眺めながらクリンソウの群生地に向います。
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 5イメージ 6
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 イメージ 11
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
この千手ケ浜には又来週来る予定です。
 
今日の様に雨が降らない様に・・・次は光徳牧場と足尾銅山に向います。