イメージ 1
 
2012.11.21
いよいよ栃本地区に入ります。
 
この栃本は「天空の村」とか、「天界の集落」といった美しい言葉で語られることが多いそうですが、私は中国のチベットにある「天空の城・ポタラ宮」のイメージにだぶり是非一度は見てみたいものだと思っておりました。
 
標高750m位の所に上下差が150m位はあるでしょうか?
40世帯64人の方が住んでいるようです・・・役所に聞きました)
 
急斜面に・・・この地区の「絵」になる皆さんが撮っている所で私も撮って見ました。
 
イメージ 2
 
 
秩父最奥の天界集落・栃本
近世より、秩父と甲州を繋ぐ要路として険しい山並みの中に整備された秩父往還。今は国道140号となっているその道路の途上に位置する奥秩父最奥の集落。旧秩父往還は日本の道百選のひとつ。

栃本関所
中山道と甲州街道の中間にある秩父往還に設けられた関所。
奥秩父の深いV字谷にはいつくばるように立地している。
関所の歴史は古く、戦国時代に武田氏が設けたといわれている。
現在の関所の建物は幕末のもので、玄関や上段などに当時の面影を残している。 
戦国時代に武田信玄が設置した関所跡。
武州から甲州、信州方面へ通じる秩父往還の最奥に設けられた関所で慶長19年(1614年)に関東郡代伊奈氏が、同地にのがれ住んでいた武田勝頼の家臣大村忠昌を関番に起用して関を置いた。以来明治維新まで250年余りの間、大村家が関番をつとめた。インターネットより
 
 
 
イメージ 3
 
 
ここに関所があった様です・・・栃本関所
 
イメージ 4
 
 
 
Youtubeでどうぞ。
 
 
 
今日のメーンの「栃本」をゆっくり・・・日本の秘境?を見た気分です。
これで秩父が終わり雁坂トンネルを通り山梨県に入ります。・・・次回に。