イメージ 1

2016.08.26

田原の滝を初めて知り・・・こんな素晴らしいのがあったなんて・・・
松尾芭蕉が訪れていますので昔からあったのでしょうが・・・あまり観光化されずに往事がしのばれます

イメージ 2



近くにこの様に芭蕉の像が立っています。
案内板も建っています。

イメージ 3

                イメージ 4



田原の滝(都留市)
田原の滝は富士五湖の1つ山中湖を水源とした桂川の上流の田原と十日市場の境に位置しています。富士山の火山活動で溶岩が冷却凝固して形成された柱状節理は桂川の侵食により美しい渓谷美を造り出し、往時は名瀑として白根の滝、白滝との異名がありました。松尾芭蕉は都留在住の弟子である高山傳右衛門(秋元但馬守喬朝の国家老。俳号麋塒。)を頼り約半年間(天和2年12月28日~天和3年5月頃)、都留に滞在、その際、田原の滝を訪れ「勢ひあり 氷消えては 瀧津魚」の句を残しています近年になり、現在残された柱状節理を利用しつつ、コンクリートの砂防えん堤や護岸を「柱状節理」を模した意匠にする事で周辺の景観に溶け込むように工夫されています。田原の滝は地学的にも大変貴重とされ平成17年(2005)に都留市指定名勝に指定されています。                                                                                            インターネットより




何時もは高速道路で谷村のパーキングでは休むのですが、一般道は通りませんので・・・その近くにあったなんて・・・

撮り鉄の方はちゃんと時間を調べて構えているのでしょうが・・・
なんと付いているのでしょう。
上手い具合にカラフルな電車が通ってくれました。こんな偶然ってあるでしょうか?


最高の瞬間が撮れました。

イメージ 5


柱状節理の様子も

イメージ 6


Gifアニメで作ってみました。

イメージ 7

      イメージ 8